SEOとSEM。重要性を増していくSEM

SEM

■SEMなら検索結果順位をコントロールできる

SEOとSEMは相互補完する関係にあります。SEOとSEMは検索エンジンを使ったプロモーション活動という点では一致していますが、その特性はったく異なりますので、その違いをよく理解しておきましょう SEOはその検索結果に対して働きかけることはできません。あくまでも検索えんじんの検索結果算出アルゴリズムではじき出された結果に従うしかないのです。完璧なSEOを施したとしても、検索結果最上位に表示される確約は得られませんし、どのような検索キーワードで検索された時にヒットするかもサイト運営者側ではコントロールできません。 一方、リスティング広告はほぼ入札額によって表示順位が決まるので、どうしてもこの検索キーワードで上位表示させたいと思えば、ある程度コントロール可能です。(最も相応の料金が必要になってきますが)。グーグルアドワーズには掲載ユンイを指定できる「掲載順位設定」機能もあります。 ここで検索キーワードを指定できるというのは実は重要なポイントです。例えば、あるSEO案件でトイレの芳香剤メーカpがトイレを想定キーワードとしてあげてきたことがありました。 確かにトイレと検索するy-うざーの中にはトイレの掃除や芳香剤などの情報を探している人もいます。しかし、実際に調べると、トイレというキーワードはアダルトコンテンツ絡みで検索されているkとが多いということがわかりました。 このように同じ検索キーワードであっても全くユーザー層もニーズも異なる場合があります。その場合、単なるSEOではどうしようもありませんが、グーグルアドワーズなら複合キーワードで除外キーワードを設定できます。 この例ではトイレそのものを除外するわけにはいきませんが、複合キーワードからユーザーニーズを汲み取り、明らかにユーザー層が異なるキーワードを除外できます。例えば、トイレ 盗撮で検索しているゆーざーが芳香剤に興味があるとは思えませんので、盗撮を除外キーワードに設定するわけです。 このようにリスティング広告は表示させたい検索キーワード、表示させたくない検索キーワードを登録しておけば、効率的にターゲットユーザーを誘導することができます。

SEMについて

SEM1 SEM1 SEM1 SEM1 SEM1