SEOとSEM。重要性を増していくSEM

SEM

■重要性を増していくSEM

SEOは人事を尽くして天命を待つ的な受動的なプロモーションですが、SEMは広告を出稿する能動的なプロモーション活動です。個人サイトやIRサイト、会社情報ページなど特にビジネス的な成果を求められているわけではないサイトならばともかく、サイトに何らかのビジネスゴールが設けられているのであれば、SEOとSEMはセットで使い分けていかなくてはいけません。 特に今後はよりSEMの重要性が高まっていくでしょう。 日本におけるリスティング広告の双璧はヤフーやMSNに出向しているオーバーチュアとグーグルの検索結果に表示されるグーグルアドワーズですが、検索連動型広告は従来型のバナー広告に変わってネット高校の主流になる程急成長を遂げていることを受け、各社、虎視眈々と参入機会を狙っています。 今まではグーグルアドワーズとオーバーチュアノスポンサードサーチがSEMの双璧でしたが、アメリカMSNも広告プラットフォームAdCenterを開設し、自前で検索連動型広告分野に名乗りをあげました。執筆時点では日本版のAdCenterは解説されていませんが、検索連動型広告も3強時代に突入すると予想されます。 また、他にもリスティング広告を提供しているところがあります。 Jリスティングの「Jアドリスティング」やクロスリスティングのREMORA Listingはこれらでしか扱っていない媒体や独自の出稿携帯の存在などに違いがあります。大手ポータルサイトでこれらのリスティング広告だけに出向しているところはないのですが、中小のメディアサイトではこれらのリスティング広告しか扱っていないところは数多くあります。かなりニッチな分野のサイトが多いのでニッチなターゲットにアプローチしたい時にはグーグルやオーバーチュアではなくあえてこれらのサービスを利用します。

SEMについて

SEM1 SEM1 SEM1 SEM1 SEM1